《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。



《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:18/11/12

減量を実践していく上では、
行動できた自分を褒めるという事によって、
次の行動を喜んでできる自分を作り上げていくことが大切です。

決して、自分を甘やかすということではなく、
褒める対象を、行動できた自分とすることによって
次の行動もしくは、行動を継続することへのモチベーションを
強化することなんです。

具体的に言いますと…
「今日はラジオ体操を10回やった」自分を褒めて、
「次の日もやろう」
とか、
「次の日は11回やってみよう」
という感じで、次の行動に繋げていくのです。

「行動できなかった自分を責める」
と言う風に考えてしまうと、次の行動に繋がりませんし
劣等感と後悔とストレスが溜まるだけです。

だから
できないことや苦手なこと
例えば、おかしを夜更けに食べてしまったなど…
に焦点をあてるのではなく、

得意なことや好きなこと、
例えば、ラジオ体操できた、玄米のライスが美味しかったなど…
をクローズアップすることが大切なのです。

できないことを責めていても意識がそちらに向いてしまうと、
なかなか直りません。

だからいくら
「夜更けにおかしを食べてしまった」と自分を責めていても、
夜更けにおかしを食べる癖は直らないのです。

それより、
ライスを食べた後は、リラックスできる音楽を聞きながら、
アロマを楽しんだり、マッサージをしたりして気分をリラックスさせて、
おかしを食べたくなる前に、
早く眠るように生活習慣を付けるようにするなど…

自分の好きなことに目を向けて自然と直るようにすることが、
ストレスを溜めない減量の秘訣だと思います。