《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。



《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:18/11/14

みなさんは
親父とキャッチボールをした経験はありますか? 

まだプレイステーションもDSも無かった時代、
息子の遊び場と言えば公園や空き地であり、
サッカーもそれほど人気がなく、
仲間が集まれば、始まるのはいつも野球でした。

そして、
週末の親父とのキャッチボールは格別のものでした。

親父の投げる球は、
息子のそれとは違い、ズシンとグラブに響きます。

そして、どんなに速い球を投げても、
また、ちょっとくらいヘマをしても、
難なくさばかれてしまいます。

蝉時雨の中、夏の公園で汗だくになりながら、
あるいは、秋の夕風が吹き抜ける路地で白いボールが見えなくなるまで
親父と息子のキャッチボールは続いたものです。
 
思えば、
いつからそんな遊びをしなくなってしまったのでしょう? 

俗に言う不倫という事件を契機に、
家族の元を離れて行ったボクの親父…

親父の不倫によって、
他人には到底想像も出来ないような苦しみを味わった
母親とお姉さんは、
親父のことを散々憎みましたが、
最近ようやく心穏やかに暮らせるようになったと言います。

そして、たとえ家族の元にもう戻らなくても、
別の場所で幸せに暮らして欲しいと願えるようになったと…

母親とお姉さんが苦しみの中にあった時、
能天気に留学生活を送っていたボクには、実体験が無いせいか、
不思議に親父に対する憎悪の念はありません。

むしろ、早く悔い改めて
かつての親父に立ち帰って欲しいと願っています。

ボク達親子は
二度とこの地上でキャッチボールをするということは無いでしょう。

しかし、
たとえこの地上において家族として共に集うことが出来なくとも、
せめて天国で
親父に再会できればと祈らずにはいられません。