《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手


《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。




《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:18/6/18

「ご飯を食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
皆さんはどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ご飯を食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ご飯は太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人の減量を失敗させているようなんです。
ご飯って、理想的な減量食品なんですって!

では、どうして
ご飯が理想の減量食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ご飯は100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ご飯を食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ご飯はインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
食パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ご飯よりも太りやすいそうです。

また、ご飯の主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ご飯の炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがご飯の味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさに減量にもってこいですよね!
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

★メニュー

《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底比較するレーシック情報サイト