《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。

フコイダンの詳細
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダンの詳細



《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:18/5/21

1日3食ちゃんと食べてるのに、
どうも体質の調子がよくない…
サプリメントを飲んでいるのに、なかなか疲れがとれない…

その原因、酵素不足かもしれません。

私たちの体質は、食べたもので作られています。
もっとも寿命の長い細胞でも、
半年で新陳代謝によって生まれ変わります。

私たちの体質の中では、さまざまな化学反応によって、
エネルギーが作られ、細胞が生まれ変わり、
体質を修復し、生命を維持しています。

ビタミンも、ミネラルも、食物繊維も、たんぱく質も大切です。
でも、栄養素をいくらたくさんとっても、
酵素がなければ、エネルギーに変わることはないんです

体質を工場にたとえると、
ビタミン・ミネラル・炭水化物などは「原材料」や「道具・機械」。
酵素は「作業員」です。

工場に、材料や道具がいくらたくさんあっても、
作業員が不足していれば、作業はなかなか進みません。
材料であふれかえって、かえって仕事のジャマになってしまったり…

酵素の働きは
「食べたものの消化」と「新陳代謝」です。

風邪をひいたり、体質の調子が悪い時、
食欲がなくなりますよね?

これは、体質の中にある酵素を
「新陳代謝=体質の回復・再生」のためにだけ使いたいからなんです。

その時に、たくさん食べてしまうと、
体質の中の酵素は 「食べ物を消化すること」 に使われてしまうので、
「体質の回復・再生」 に十分な酵素を使えなくなって、
回復が遅くなります。

なので、
「食欲が出てきたから、もう大丈夫ね」というのは正解ですが、
「無理してでも、ちゃんと食事を食べないと良くならないわよ」
というのは間違いなんですよね。