《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

占い 無料 当たるにおまかせ
http://petite-petal.com/hits/
占い 無料 当たるは当サイトへ



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18/9/16

おれがいつも心がけている
意外な減量法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

減量を成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
お腹が減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおやつがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

おれは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおやつは買わないと心がけているおれですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおやつ、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこでおれは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いいトレーニングになる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
減量成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いおれのような人には、
お勧めの減量法だと思います。

――――――以上で今日の報告を終わります。