《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

占い 無料 当たるにおまかせ
http://petite-petal.com/hits/
占い 無料 当たるは当サイトへ



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18/10/19

上半身は細いのに、大腿部だけが太いなど、
女性の体型の悩みは色々ありますよね。

しかし、大腿部だけ細くするのは、とっても難しい事です。
大腿部だけに限らず、
身体のどこか一部だけ細くするのは難題です。

大腿部が太くなる理由は、
セルライトといわれる脂肪の塊が、
大腿部に集中して付くからです。

冷え性などから血の循環が悪くなり、
老廃物が血液の中に残ります。
この老廃物はお尻や大腿部に溜まりやすいので、
その近辺だけ太い方が多いのです。

エステにいけば、
セルライトをほぐして取ってくれますが、
それなりに痛みがあるようし、費用もかかります。

でも、
時間はかかりますが、
自分で簡単に大腿部を細くする方法もあるんですよ!

その一つが半身浴。
半身浴はダイエットの定番ですが、
大腿部痩せにも効果があります。

胸の下あたりまでのお湯に、
楽な姿勢で半時間程度ゆったりと浸かる事。
身体がポカポカになり、血液の循環がよくなるので、
血液中の老廃物が排出され、老廃物をデトックスできますよ。

汗と一緒に全身の老廃物がでてくるので、
お湯が汚れているのが解るほどに効果を実感できる事もあります。

好きな音楽をききながら、
大腿部をマッサージするのもいいでしょう。

ウォーキングなどの体操も慣れるまでは大変ですが、
半身浴同様、身体が温まります。
あしを使うので、半身浴より効果があるかもしれません。

普段から油っこい料理を好んで食べる方には、
特にウォーキングなどの体操が一押しです。
費用も必要なく、簡単に実践できるので、是非一度お試しください。