《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。

aws 保守、今すぐ
https://cloudpack.jp/service/fullmanaged.html
aws 保守は



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:18/9/13

シェイプアップの成功に効果的な食べ物選びで
注意しなければいけないのは、
「できるだけ冷たいものを避ける」ということです。

氷の入った冷たいドリンクは避けて、
温かい緑茶や紅茶、ココアなどを飲むようにしましょう。

また食事でも、温かいメニューを選ぶようにしましょう。
味噌汁やスープなどの温かい汁物を毎食加えるようにすれば、
体質が温まる上に、少量でもウエストが膨れるので、
ごはんの食べ過ぎを防ぐという効果も期待でき、一石二鳥です。

そして一番大事なのは、
血となり肉となるたんぱく質をしっかりとることです。
いわゆる主菜といわれる、
肉や魚、卵の料理は必ず食事に取り入れましょう。

8時から食べるのはちょっと重い…という方でも、
「お昼食と夕方食の24時間2回」は食べるようにしましょう!

主菜が少ないと、シェイプアップの成功に必要な栄養素である
「たんぱく質(アミノ酸)」が足りなくなって、
内臓の働きが弱まり、筋肉も衰えてしまいます。

そうすると、
脂肪を燃やしにくく、ためやすい「低代謝」の体質になってしまい、
シェイプアップに失敗してしまうんです。

また、たんぱく質が足りないと、
シェイプアップの大敵である甘いおかしの誘惑にも
打ち勝てなくなってしまいますよ。

特にシェイプアップ中にオススメなのは、
羊や牛、豚の赤身の肉です。

というのも、実はこれらの肉には、
「L-カルニチン」という
脂肪の燃焼を高める成分が含まれているからです!

「シェイプアップには脂身が少ない鶏肉がよい」
と言う人もいますが、
この成分は残念ながら鶏肉にはほとんど含まれていないのです。

実際、
「お肉は鶏のささ身しか食べません」という方に限って、
太りやすかったりするんですよ!

明日はいい日かな〜