《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す

まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けるクリニックの選択にも関わってくる問題ですので、しっかりと事前チェックをしてください。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想的な治療方法を探していくことで、最も適した選択肢を見つけることが出来ることでしょう。
一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そのような場合にはフラップを作成しないで角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射するRPKという治療法が適しているのです。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

ゴミ箱の案内
http://www.gomibako-ism.com/
ゴミ箱の最新情報



《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探すブログ:18/7/03

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

減量に成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは体の働きにも備わっており、
減量していても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
体もエネルギー消費しにくい体にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「減量に成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんな減量やったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身で減量を失敗させようとする」のです。

これが本能的に
減量に成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
減量成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい体」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない体」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、減量は成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

フンガフフ